Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

今年も走ったリレーマラソン!スマートウォッチPebbleが大活躍した1日でした!

6時間リレーマラソン

今年もこの季節がやってきました…会社のメンバーで参加している「6時間リレーマラソン」です。

昨年参加して非常に良い体験ができたので今年も参加しました。明らかな調整不足ではありますが、なんとか今年も走り切ることができました!

そして今年はスマートウォッチのPebbleが大活躍です!

使ってみると快適すぎる!

昨年のリレーマラソンの時にもiPhoneとRunkeeperを利用してラップタイムや距離、ペースなどを確認していました。

今年はこれと合わせてスマートウォッチのPebbleを利用しました。

 

RunkeeperはPebbleを利用して手元で時間や距離、ペースを把握できます。

iPhoneのみの場合はRunkeeperにある音声ガイダンスで情報を確認する必要があったため、イヤホンが必須でした。
僕はBluetoothのイヤホンは持っていなかったので昨年はiPhoneに標準で付いてくるイヤホンをして走りましたが、紐が顔にバシバシ当たって辛かったのです。

今年はPebbleで手元から確認できるので非常に助かりました。

Pebbleでペース確認

 

また、リレーマラソンのため、自分が走っている時間とそうでない時間とがあります。自分の出番が終わったら次の出番まではRunkeeperを一時停止にしなくてはなりません。

これもPebbleからの操作で簡単に行えます。
走っているときにiPhoneが落ちないようにしっかりとしたケースに入れて走っています。なのでiPhoneを取り出すのが結構大変だったのでこちらも非常に助かりました!

 

ペースを知ることは大切!

runkeeperペース配分

Runkeeperというアプリを使うことで走る時のペースを把握することができます。一人で走る時とは違い、周りに人がいるとどうしても周りに流されてしまいがちです。

気がついたらオーバーペースで体力を持っていかれてた…何てことにならないようにも自分で自分のペースを把握することは大切なのです。

 

RunkeeperとPebbleの組み合わせは非常に強力な組み合わせだと感じた1日でした!

Pebble Steel (Black Matte)

Pebble Steel (Black Matte)

広告を非表示にする