Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

やりたいことをやり始めるためのとっておきのポイントを2つ伝授しよう!

やりたいことができてない!

photo credit: babblingdweeb via photopin cc

仕事に追われてやりたいことができてない…そんな日常を過ごされているという方、いらっしゃいますよね?

また、「時間が空いたらやりたいなぁ」とそのままにしていることがあるという方もいらっしゃいますよね?

こういう方にオススメしたい技があるのでご紹介しましょう!

 

2つのポイント

photo credit: katalicia1 via photopin cc

では、早速教えましょう。

まず、第一のポイントは「やりたいことをするのにどれくらいの時間があればいいのか?」を把握することです。

そして第二のポイントは「いきなり完璧を目指さない」ということです。

 

多くの方が「時間がない」と言いますが、精確には「まとまった時間がない」という意味だと思います。5分10分くらいは誰でも時間が取れるものですが1時間となると厳しい…そう考えているのです。

それは「やりたいことはどれくらい時間があればできるの?」が明確ではないからやっている自分をイメージできないのです。やりたいことが30分でできるとわかっていれば「じゃあ、30分の時間を作るためにあれをやめよう」などの具体的な行動が見つけやすくなります。

 

また、やりたいことが30分あればできるとわかっていてもその時間が取れないという人は「やりたいことの一部をやる」ということにシフトする…つまり完璧を目指さないということです。

やりたいことの一部でもいいからとにかくやってみると必ずでてくるはずです…「もっとやりたい!」という感情が!

そうすればそれまでは取れなかった時間をなんとか取ろうと他のやらなくてはならないことの生産性をあげることができるようになるはずです。

 

これは普段早く帰ろうと思ってもなかなか仕事が片付かないが、今日は友達と飲みに行くっていうと急に残業なしで仕事を終えることができるという現象と同じです。つまり仕事の生産性はモチベーションによって大きく左右されるのです。

だからほんの一部でもいいのでまずはやってみるということが大切なのです。

 

やりたいことは自分を豊かにする

photo credit: Anirudh Koul via photopin cc

やりたいことというのは自分の内から出てきた欲求です。つまり自分が自分らしく生きるために必要だと感じた部分だとも言えるでしょう。

せっかくのこの感情を忙しさなどに負けて押し殺してしまうのはもったいないです。

やりたいことの大切さを理解した上で「やれるようにする」ということを考える…これが心構えとして必要です。

この2つのポイントでみなさんがやりたいことが出来るようになることを期待しています!

広告を非表示にする