読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

なかなか進まないタスクはそのサイズを一度確認しようか!

photo credit: Magnus D via photopin cc

「やらなきゃいけないのはわかっているけど、正直めんどくさい!」

どうしても一歩を踏み出すことができずに、ずっとタスクリストに残り続けているタスクがありませんか?

 

また、タスクリスト出なくても頭の片隅に残っているタスクはありませんか?

それがなぜできないのかを考えるとあることがわかるはずです。

 

タスクのサイズは?

例えば「車検を受ける」というタスクがあるとします。

これは簡単にできそうな感じがしますが、この状態では「タスクのサイズが大き過ぎる」のです。

 

車検を受けるというタスクは実はタスクではなく「プロジェクト」です。

タスクとプロジェクトの明確な違いは「一つの行動で完結できるか、できないか」という点です。

一つの行動で完結できればタスク、そうでなければプロジェクトです。

 

先ほどの「車検を受ける」というものは実際には以下のタスクが完了しないと終われません。

  • 予約のため車屋に電話する
  • 車検に必要な書類を準備する
  • (車を仕事に使っているなら)車検予約の日に車を使わずに済むように仕事のスケジュールを組む
  • 車検代を準備する

ざっと思いつくだけでもこれくらいは必要です。

 

つまりなかなか進まないタスクは実は「プロジェクト」であり、その誤解が進捗が進まない本来の原因なのです。

「やらなきゃいけないのはわかっているのにできない…」という状況を「自身のやる気の問題」にしがちですが、実際にはやり切れるサイズではないという問題の可能性もあるのです。

 

できるだけ細かくしてみよう

photo credit: RLHyde via photopin cc

もしあなたがなかなか気乗りしないタスクに直面しているなら、そのタスクをできるだけ細分化してみてください。

そうすると「これくらいなら今日やっておこうか。」と思える範囲のタスクが出てくるはずです。

こうして小さなタスクを積み上げていくことで結果としてプロジェクトを完遂することになるのです。

 

タスクかプロジェクトか?

これの見分けがストレスを溜めないタスク処理の基本です。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編――仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法

ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編――仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則

広告を非表示にする