読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

iPhone6買ってから約3週間過ぎた僕の率直な感想

photo credit: LoKan Sardari via photopin cc

iPhone6購入からもう3週間です。発売日に翌日に届いた僕のiPhone6。新しい端末でワクワクでしたが、サイズが大きくなったのが吉と出るか、凶と出るか?というところでしたが…

今日はその辺りを記事にしてみます!

 

サイズアップは良かったのか?

iPhone6の素晴らしさはその丸っこいフォルムです。厚さはiPhone5とほとんど変わらないですが、それでも角が丸っこいことにより、なんだかとても薄く感じます。

またカメラ機能のパワーアップも素晴らしい!明るさの調整もでき、明らかに写真がきれいになりました!

電源ボタンの右側への移動も最初は慣れずにいましたが、慣れたら「なぜ元々右じゃなかったんだろう?」と思うくらいです。

 

と、ここまでは良かった点ですが、ここから僕的にはイマイチな所を。

まずはやっぱりではありますが、大きさです。

大きいのでどうしても力が入ってしまい、手のひらが痛くなることもあります。

また予想通り上の方は指が届かないので、片手での作業は厳しいところです。

 

また、薄さをアピールできる「角の丸っこさ」も持ちやすさというところではマイナス要素です。

角が丸っこいことにより、力を入れ過ぎたら「ツルッと」手から落ちそうになってしまいます。

シリコン製のケースなどの滑りにくいケースを使うことをオススメします。
僕はサラサラのケースにしたのですが、手のグリップが効かないのでやっぱり落としそうになってしまいます。

 

またサイズアップの影響は他にもあります。

僕は仕事の時はiPhoneを胸ポケットにいれるのですが、iPhone6は胸ポケットに入れるにはちょっと大きい!カメラ部分が丸出しになっているのです。

そのためちょっと前かがみになるとすぐにポケットから滑り落ちてしまうのです。

 

なのでしゃがんだりする作業があるときはズボンのポケットにいれているのですが…ニュースにもなっているiPhone6/6 plusは曲がりやすい」問題が気になり、すぐにポケットから出してしまうのです。

 

サイズはiPhone5くらいがベストだったのでは?

photo credit: Yanki01 via photopin cc

僕の使用感ではiPhone5で特に困ってないのなら無理にiPhone6購入する必要はない」です。

やはり大きさによりはかなり使いにくくなっています。OSが変わったとかそういうことではなく本体自体のサイズが変わることの影響は大きいという実感です。

 

約3週間利用して感じた所感でした。

広告を非表示にする