Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

小さなHappinessを見つけるための心構え

Happiness見つけてますか?

photo credit: ToniVC via photopin cc

何気ない日常、仕事をしている人は毎日のやるべきことに振り回されていることでしょう。特に仕事に全力になっている場合には周りに目をやるほどの暇も余裕もないかもしれません。

何かに全力で打ち込むことは大切です。ただし、全力で打ち込んできたものでもしも失敗してしまったら、どうなるでしょうか?おそらく全力だったからこそ感じる「無力感」「喪失感」といった負の感情がでてきてしまうでしょう。

いつも成功するとは限らないですし、全力だからこその感情なのである程度は仕方ありません。でも「Happiness」を見つけることができればこの感情を軽減できます。

 

フォーカスする位置

photo credit: alles-schlumpf via photopin cc

以前の記事でも書いたのですが、フォーカスする位置というのは非常に大切です。

結果を求められているように感じているあなた!実はそうではないという事実を伝えよう! - Getting My Life Better
結果がすべてではない!

多くの人が結果ばかりを気にするあまり、その過程にあるものに目がいきません。なので結果が自分にとってマイナスのものだと判断すると、その過程までもマイナスだと判断してしまいます。その時「まったく意味がなかった」「無駄な時間を過ごした」という言葉が口からでてきます。

実際はその過程で経験したことが今後の自分の活動において必ずプラスになるのです。そのためにも必要なことが「Happinessを見つける」ということです。

 

Happinessとは「嬉しいこと」「楽しいこと」「良かったこと」のことです。

結果というのはある程度の時間を経過したあとにわかるものです。長期のプロジェクトに携わって、3ヶ月後のプレゼンに向けて準備をしていた。そして迎えた3ヶ月後、そのプレゼンで大きな失敗をしてしまった…ここで結果としては「失敗だった」ということがわかりますよね。

でもこの3ヶ月間過ごしてきた時間の中には必ずHappinessがあったはずです。「どうすればより多くの人に自分の企画を通すことができるか?」と悩む時間であなたに「そっか!このアイデアは素晴らしいぞ!」といったヒラメキがあったかもしれません。こうした小さな「良かったこと」を集めておいてあとで見直すことで「結果は失敗だったけど、得るものはこんなにあった」という感情になることができます。

マイナスばかりにフォーカスしてしまいがちですが、Happinessを記録しておくことでプラスの面にもフォーカスできる環境を用意しておくというのがポイントです!

 

Happinessは小さなものから

photo credit: Pink Sherbet Photography via photopin cc

ぜひ毎日3つでいいのでHappiness探しをしてみてください。「今日は最低の日で良いことなんて1つもないよ…」なんてことを言う人もいるでしょう。そんなことはありません!そういう人は感謝が足りないのです。

失敗続きで良いことがなかったように感じる日でも、失敗することで得た教訓を見つけようとしていれば「良いこと」は見つかるはずです。

大きな幸せを見つけようとするのではなく、小さな幸せを見つける。これは感謝の気持ちがないとできないことです。日々の様々なことに感謝の気持ちをもってHappiness探しをする…良いことを探すという行為は必ず自分の気持ちをプラスに進めてくれるはずです。

 

「お客さんに怒られたけど、これは自分が悪かったということが分かってよかった」

「今日はいつもよりも笑顔で過ごすことができた」

「今日一日無事故で怪我もなく過ごすことができた」

 

どんな些細なことでも問題ありません。感謝をもってHappiness探しをしましょう。

広告を非表示にする