読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

ソフトバンクのSIMロック機でも使える!格安SIMがいよいよ日本通信より登場!

格安SIM 格安SIM-MVNO

{revolution}

※画像に特に意味はありません

私は今日という日を待ちわびていました…!
3月22日、今日は日本通信から販売となるソフトバンク回線での格安SIMの販売開始日です。

※追記:ついに価格も発表されましたね。若干割高ですが…唯一のソフトバンク回線での利用をどう捉えるかですね。

日本通信、ソフトバンクの格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」を明日発売 | 日本通信株式会社

いや〜!待ってました。でもまだ(執筆時)には特に情報がないですが…

どう特別なのか?

格安SIMについてはこれまでも結構記事にしてきましたので、そちらをご参考に。

上記記事執筆時は格安通信会社はほぼdocomo回線でしたが、今はau回線のところもあるので、docomoauユーザーは今の機種を利用して乗り換えられます!

しかし、ソフトバンク利用している人には格安通信会社に乗り換える場合は機種を別途用意する必要があります。

そのまま使おうと思ったらこの記事のような工夫(苦肉の策)が必要です。

正確にはソフトバンク回線での格安通信会社がないわけではないのですが、ソフトバンク側が「あくまでもSIMフリー機のみ」と回線に制限をかけているのでソフトバンクSIMロックがかかっている機種は使えなかったのです。

 

日本通信が異議申し立て

「おかしいではないか!」と、日本通信が動いたのです。

かねてからソフトバンクとの回線系薬を進めていた日本通信ソフトバンク側の「SIMロック機は回線利用不可はおかしい!」とソフトバンクに訴えてきました。

総務省ももっと自由な競争を促すためにSIMロック解除までの期間を短くしなさいというお触れ書きを出したりしていました。
その流れで、日本通信総務省に「ソフトバンクが回線を開いてくれないよう…(泣)」と異議申し立てをしたのです。

すると総務省からの指示を受ける前にソフトバンクが「いやいや、調整中だったんだよ、開放するよ〜」って話になって今日を迎えるということです。

 

まだ限定的だが、十分?

この度の開放により、ソフトバンクiPhoneを利用していた人は(特にiPhone6sより以前の)その機種を再び格安通信会社で利用できるようになるということです。

ただし!ソフトバンクiPhoneのみ」です!今回の開放はAndroidは該当しないのでご注意!

ただ、私はソフトバンクを使ってきた人はAndroidではなくiPhoneユーザーが最も多いだろうと思っています。
日本では当初独占販売しており、さらに強いiPhone押し、iPhone優遇のプランを提供してきたソフトバンクAndroid端末を利用するメリットなんて皆無だったからです。

 

さあ、気になるプランは?

cheque

日本通信は回線提供元となるので実際の販売先はb-mobileやu-mobileとなります。その他の格安通信会社からもソフトバンク回線を利用したプランが出るかもしれません。

期待をかなりしての記事になってますが、いくら位の価格帯となるのか?また実際の通信速度はどれくらいか?が本当は最も重要です。

使えるようにはなったとしても他の格安通信会社と比べて大幅に割高だったり、通信速度が遅かったりしたら意味がありません。

 

今日からいろんな情報が出てくるだろうこの話題に私は今最も期待しています!

広告を非表示にする