読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

Office2013から始まった「SDI」が最大にして最悪の仕様変更だと私は感じている…

Microsoft Excel 2007

最近Office2013に変わってからというもの本当にストレスが溜まる…

Office2010までのExcelと大きく異なる仕様変更をしたOffice2013は私にとってとても面倒で、イライラする仕様になっています。

その元凶がSDIです!

SDIが引き起こすもの!

SDIとはなんでしょうか?

Single Document Interface

というものです。こちらのサイトでものすごく丁寧に説明がしてあります。

Office2010まではExcelではMDI、つまりMulti Document Interfaceという仕様でした。

Excelで複数ファイルを開くとき、2010では大元のExcelのウィンドウの中にファイルA、ファイルBが開くという形でした。

これが2013からファイルAで1つのウィンドウ、ファイルBで1つのウィンドウとウィンドウが2つに分かれることになったのです。

 

この仕様変更に伴って何がイライラの原因かというと、「ファイルを閉じるとExcelも閉じる」という仕様に変わったことです。

2010ではファイルを閉じても大元のExcelウィンドウは開いたままだったので、また別のファイルを開いた際には残っていたExcelウィンドウ内にすぐに開くことができました。

しかし、2013からはファイルを閉じるとExcelも閉じるので、また別のファイルを開く際にはExcel自体も立ち上げ直す」という作業になります。

アドオンなどを削除してもExcel自体が立ち上げるまでにはやはり時間がかかります。
つまり、2010から2013に変わったことでExcelの待ち時間が増えた」というのがイライラの原因なのです。

 

2013でもExcelウィンドウ自体を閉じないボタンをカスタム設定から有効にすることもできますが、これが私のパソコンだけかもしれませんが…よくバグる!

ウィンドウを最小化しても画面上は最小化されているが実際には透明化している状態でリボンなどが押せるようなわけのわからない画面になります…

 

今の所メリットを見出せない!

Aaah...., You have no idea!

Office2013から始まったExcelのSDIは一体どんなメリットがあるのか?私には今の所メリットを見出せません。

大きな仕様変更でありながら、明確なメリットがわからないような変更をするMicrosoftの意図がわからない…せめてどちらにでも設定変更できるようにしてくれればよかったのに…

広告を非表示にする