Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

これ本当なのだろうか…「美女」採用したらやる気と生産性が上がったというニュース!

photo by Erwss, peace&love

面白いニュースを見つけました…中国のIT系企業が美女を採用したらなんと…というニュース。

わかるような、でも単純過ぎないか?とも思えるニュースにちょっと驚きました。

合わせて「ありだ!」と感じたことについても書いていきます。

単純な生き物なのです

こちらがそのニュース。

中国のIT企業が、女性とのコミュニケーションが苦手な男性プログラマーのやる気を引き出すため「かわいい女子社員」の採用を始めました。
「プログラミングチアリーダー」と呼ばれる容姿端麗な女子社員達は、プログラマーに朝ごはんを買ってきたり、デスクを周って応援の声をかけます。
そして休み時間には一緒にピンポンを楽しみます。

プログラマたちはコミュニケーションが苦手でそこを取り持つのがこの「プログラミングチアリーダーということだそうです。

この人たちの活躍で男性たちは奮起して、業務効率が上がったとのことです…マジか!

 

世の男性諸君から…「いや〜わかるわ!」という声が聞こえてきますが、女性からは批判が多そうですよね?

でも、この記事についてNaverまとめでは女性も「わかるわ〜」という意見があることが書かれています。

http://matome.naver.jp/m/odai/2144126533846532901

ただし女性の場合は容姿だけではなく、ある程度の実力や能力がないといけないようなので男性よりもちょっと複雑かもしれません。

イケメンでも、あまりにもおバカさんだとどうしようもないというのもなんかわかるような気もします。

 

必要が発明の母!

photo by www.carloscherer.eu

このニュースには賛否両論いろんな意見があるとは思いますが、「必要としている人がいるから仕事になる」わけです。

必要とされ、それに対して行動し、対価をいただいているなら仕事として成立しており、またこの仕事は正当であり、誇りを持ってやるべきです。

僕は仕事柄、いろんな職種の方々とお話する機会がありますが、みなさん自分の仕事に誇りを持っていると感じます。
僕が初めて聞いたような仕事でも、それに本気で従事している人がいて、そしてそれはやはり必要とされているということです。

 

どんなことでも仕事としてやる以上はプロ意識で…そう考えるとこのニュースにある彼女たちの研修をする姿などは「プロ意識」の表れだと思います。

広告を非表示にする