読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

習慣作りに最適と話題のサービスLiftを僕は使う必要があるのか?

iPhone Lifehack Webサービス Lifelog

photo credit: Rawksteadi via photopin cc

「新しい年は良い習慣を身につけたい!」と意気込んでいる人もたくさんいるはずです。

僕もなんですが、昨年も年始に「あれをやる」「これをやる」と決めたのですが、なかなか続けることができませんでした…新しいことを習慣にするのは難しいのです。 

 

そんな思いをもうしないためにも、習慣作りの方法を考える必要があるのです。

そこで話題のLiftの登場です。

 

スポンサードリンク

Liftは習慣作りのSNS

Liftとは習慣作りをするためのSNSです。

Lift | Succeed at everything.
公式サイト

アカウントを作って登録。様々な習慣を友達やコミュニティと共有することができます。

もちろんTwitterFacebookにも投稿することができます。

 

「おっ!いいな!」と思って早速登録しようかと思ったのですが、果たしてLiftのもつ「魅力」を僕は活かすことができるのか?と疑問になったのです。

 

SNSである必要性とは?

前述した通り、LiftはSNSです。つまり共有することが目的です。

共有することのメリットとはなんでしょうか?それは意思の衰弱によるモチベーションダウン」を防ぐことです。

誰しも最初の「やってやるぜ!」という思いを保ち続けるのは難しいのです。

しかし、仲間で習慣を共有するとお互いに励まし合うことができます。そうすれば意思の衰弱が起こりにくくなり、モチベーションダウンを抑えることができます。

 

もうひとつは「公言したことによる責任感」です。

共有するということは「これをやります」と公言するのと同じです。もしやると決めたことをすぐにやめてしまうと仲間から「あいつは最初だけだな…」「口だけか…」と思われるかも…この「他人の目」を意識することにより、自分自身の甘さに負けないようにするというのが目的です。

 

それでもLiftを使わない理由

どちらも高い効果があるのでLiftは習慣作りに効果的と言えるでしょう。

でも、僕は使わないことにしました!

 

その理由は「こっそりやりたい」ということです。

僕は共有はせず、こっそりやりたいと思ってます。Liftでも共有せずに使うことができるみたいですが、それならわざわざアカウントを作るのも面倒なのでiPhoneのアプリで十分です。

僕はDaily Deedsを使用してますが、こういったアプリはたくさんあります。

 

最大の理由は…

photo credit: cris.e via photopin cc

何と言っても最大の理由は「日本語に違和感あり」ということです。

まだ正式に日本語に対応していないLiftは日本語で習慣を登録することはできますが、文字化けしたりするようです。

英語で習慣を登録すればいいのでしょうが、やっぱりパッと見でわかりやすいのは日本語です。

なので無理に英語で登録するくらいなら別の方法でもいいな…と思いました。

 

今後、Liftが日本語対応となったらまた考えようかなぁと思ってます。

 

※もちろんLiftにもiPhoneアプリがあります。

Lift - Daily Motivation
無料
(2014.01.07時点)
posted with ポチレバ
広告を非表示にする