読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

iPad Airの2倍!?iPad2のキーボードはLogicool ultrathin keyboard coverで間違いなし!

Apple iPad

IMG_0544.jpg

iPad miniを買わない選択をしたので現在所有中のiPad2をより快適に使うために今回ついにLogicoolのultrathin keyboardを購入しました。

これでブログ更新の環境がさらに改善されていくこと間違いなしでしょう。商品の紹介と使用感について書いてみました。

 

スポンサードリンク

早速開封!

今回メルカリというサービスを利用して購入しました。そのサービスについてはまたの機会に記事にしたいと思います。

早速開封です。

僕がもっているiPad2は白色なのでキーボードも白色にしました。

IMG_0537.jpg

さすがはパソコンの周辺機器メーカーとして名高いLogicoolさん、作りはしっかりしていて非常にきれいです。
キーボードはUS仕様のため日本語の表記はありません。でもなんだかそこがシンプルかつクールだなぁと思っております。

 

早速iPad2とドッキング。まるで純正品のような一体感で見た目も大満足です。

IMG_0539.jpg

横からみた感じ、角度は調整できませんが僕にはちょうどよい角度で違和感なしです。

IMG_0540.jpg

 

このキーボードカバーのポイントはiPadのカバーとなること。ぴったりと蓋のようにiPadとくっつくので画面を傷つける心配もありません。

IMG_0541.jpg

キーボードの厚みはiPadと同じくらいあります。

IMG_0542.jpg

 

使用した感じは「最高」の一言ですね。以前にノーブランドのキーボードカバーを購入したのですが、そちらはキーピッチが狭くて僕には非常に使いづらかった。と、いうのも僕は多分一般的にみても手が大きい。

しかし、今回購入したこちらの商品はそんな僕もほとんど違和感なく利用できているのです。キーの配置などは普段使っているPCと違う(エンタ・デリートキーが小さいなど)のですが、こちらは慣れてくれば問題なのではないでしょうか。

 

たった一つの問題は…

photo credit: loonatic via photopin cc

使い勝手バツグン、見た目も非常にオシャレなLogicool ultrathin Keyboardですが、唯一にして最大の弱点は「重い」ということです。

iPad2とキーボードで945g 。これはiPad Airの469gと比べると約2倍になります。

しかし軽さというのは「外に持ち運ぶときには重要な要素」となりますが、自宅で使用するにはそこまで重要な要素とはなりません。むしろ重い方が安定感があり、使いやすいなんてこともあります。

 

早速この記事を書くのにもキーボード利用していますが、普段簡単な文字入力ならキーボードは必要ありませんが、しっかりとした文章を書くならキーボードはやはり必要なデバイスだと思います。

ultrathin keyboardはiPad2だけでなくiPad miniiPad Air用もありますので、もしiPad用のキーボードをお探しなら検討のひとつとして考えてみてもよいのではないでしょうか?

 

 

広告を非表示にする