Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

ついに発表iOS7 賛否両論出てますが僕は好きですよ、フラットデザイン

photo credit: Photographus via photopin cc

先般ついにiOS7の発表がありましたね。そこで発表されたのがフラットデザインによるUIです。

さまざまなブログやニュースサイトで紹介されているのでもうみなさんご存知だと思いますがちょっとフラットデザインについて僕も記事にすることにしました。

 

いいじゃないですか!フラットデザイン

まずは公式ページのリンクを。

アップル - iOS 7
公式ページ

ここでiOS7の新機能なども全て確認することができます。

 

僕が注目しているのは、なんといっても今回はやはりスティーブ・ジョブズというAppleのカリスマがいなくなった後の大きなチェンジだということです。
ジョナサン・アイブ(今回のデザインを担当した人)はずっとフラットデザインを押してきていた人だとのこと。でも、ジョブズスキューモーフィックデザインを押してきたのです。

スキューモーフィズム - Wikipedia
wikiより

スキューモーフィックデザインとはつまり「質感を本物に似せたデザイン」ということです。

iPhoneの標準アプリの中でNewsstandは特にわかりやすいですね。本棚のようなリアルな質感で作られています。iBooksのアイコンも木目の質感などがリアリティあるデザインになっています。

無料
(2013.06.20時点)
posted with ポチレバ

こうしたジョブズ肝いりのデザインでスタートしたiPhoneですから、その後App Storeに出てきたアプリもこのスキューモーフィックデザインのようなリアリティのあるアプリが多いのです。

なのでiOS7になってもしばらくはアプリ開発者もアイコンデザインを修正することはないでしょうから、実際のところはあんまり見た目が変わらないかもしれませんね…

 

ちなみに、iOSは最初にスタートしてからすでに6回のバージョンアップをしてきています。その度に新しい機能を追加してきていたのでそろそろ大きなバージョンアップが必要なのでは?と結構前から言われてはきていたのです。

 

今後のAppleはどうなる?

photo credit: lonelysandwich via photopin cc

ジョブズ亡き後のAppleとしてはこのiOS7の発表はある種の試金石となるようなイベントなのではないでしょうか?

ジョナサン・アイブだけでなくティム・クックにとってもAppleを大きくするか、それとも…いなくなってもジョブズの功績、偉大さはどうしても残されて人たちと比較されてしまいます。

 

賛否両論出ていますが、ジョブズが作ったものを一度破壊し、新しいことに挑戦するジョナサン・アイブとティム・クックの姿勢は僕は間違ってないと思うのです。

 

フラットデザインのiPhoneも意外と良い感じなのではないかなぁと僕は思っています。

広告を非表示にする