Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

ちょっとこれからは電子書籍にも手を出してみようと思っている

電子書籍市場について

photo credit: jblyberg via photopin cc

近年電子書籍というものが流行ってますよね。僕は特に今まで買ったことがなかったのですが、AmazonのKindleストアがついに日本にもオープンしたのでちょっと興味を持ち始めていました。

今回ふとした事から電子書籍について考えることがあったのでちょっとこれを機に電子書籍にも手を出してみようかと思います。

Amazon.co.jp: 通販 - ファッション、家電から食品まで【無料配送】
Kindleストア

 

なんといっても自由!

photo credit: Ed Yourdon via photopin cc

電子書籍の魅力は「端末さえあればどこでも読める」ということではないでしょうか。読みかけの本がある…会社のお昼休みに読むのもアリですが何冊も持っていくわけにも行きませんし、やはり重い。

電子書籍なら何冊持って行っても端末分の重さしかないので気軽に本が読めますよね。ショッピング中で嫁さんが洋服を物色してい時、ちょっと外で待っているなんてシチュエーションでも読書ができるというのは魅力です。

 

あと僕個人の意見ですが紙の本ならではの状況にイラッとしてしまいます。

本をテーブルに置いて読んでいたりすると紙の反発力というのでしょうか…本が閉じてしまったり、パラっとページが戻ったり、または紙と紙が静電気でくっついてなかなかページがめくれない…なんて体験はみなさんもあると思います。

これも紙の本ならではの持ち味なのかもしれませんが、電子書籍ならこの心配はありませんよね。

 

ただ残念なことに電子書籍市場の一番の問題は「版権」です。

電子書籍化するということは出版社にとっては大きな痛手となるケースがあるみたいですね。業界のことは詳しくわかりませんが、いろんな利権が絡みあう複雑な問題です。なのでまだ「読みたい本がすべて電子書籍化している」という状況ではないのです。これはこれから随時改善していくのではないかと思っています。

それと現在はあっちこっちの電子書籍ストアにいろんな本が散らばっている印象です。紀伊國屋書店が出しているキノッピーやらなんやらとたくさんあるのでこれもいつの日か統一されてくれると助かりますね。

 

まずはここから

photo credit: kodomut via photopin cc

実際の本を買う時もちょっと立ち読みして、内容を吟味してから購入しますよね。電子書籍でもサンプルをダウンロードできるものもあるので、ちゃんと内容を吟味してから買うことができます。しかも紙の本よりも安い!

ちょっとこれからいろいろ読んでみて、実際紙の本とどう違い、そしてどちらが良いかを考えていきたいと思います。

 

※ちなみに僕はiPhoneKindleアプリでとりあえず読んでいます。

無料
(2013.01.25時点)
 App Store
posted with ポチレバ
広告を非表示にする