Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

毎日に前進を!成長を求めるならこれは知っておこう!

日々是精進!

training.jpg

photo credit: The U.S. Army via photopin cc

みなさん、自分のために何か時間を使っていますか?仕事から帰ったらすぐにテレビ→風呂→布団という流れで一日を過ごしていたりしませんか?

仕事の中にでも自分が成長する場面や成長のために取り組むべきことなどたくさんありますが、それ以外の時間もやはり自分の成長に使える時間を持つほうがいいに決まってますよね?

成長したい、変わりたいと思っている人にこれだけは知っておいていただきたいと思います。

 

成長とは?

sunflower.jpg

photo credit: jacilluch via photopin cc

成長というのは「私は○○のようになりたい」という全体的な変化を望むものや「○○ができるようになりたい」という能力的なものなど様々でしょう。これは人それぞれで今の立場や求められている環境などによって変わります。

誰もが共通していることは、誰しも少なからず「成長はしたい」と思っているということです。問題はその強弱なのです。

 

強く成長を望む人、それほど望んでいるわけではないけどなんとなく「変われればいいなぁ~」くらいの人、普段はなにも意識していないけどちょっとバイオリズムがマイナスに傾いたら「なんで私は…変わらなきゃ!」と急に自己嫌悪になりながらも変化を求める人…人それぞれ「成長したい」という思いの強弱が違うのです。

自分が強く成長を求めるのであればやはり「強く成長したい」と思っている人と一緒に活動するべきです。

 

ここで重要なのが「成長はすぐに実感できない」ということです。

強く成長したいという人同士が集まればお互いの成長のためにディベートなどをする機会も多くなるでしょう。自分の意見と相手の意見をぶつけあうということです。つまり自分の意見がすべて承認されるわけではない、または相手の意見の素晴らしさや考えをまとめる能力など否が応でも「相手と自分を比べる」ということになります。

だから自分の成長を実感するというよりも相手がすごいと強く感じ「自分は全然ダメだなぁ~」と感じる時間のほうが長くなるのです。

 

相手も同じ

same.jpg

photo credit: Leonard John Matthews via photopin cc

立場を逆に考えてみてください。相手もあなたの意見を聞く、あなたのまとめる能力などを見る…つまり相手も「あぁ、自分はまだまだだなぁ」と感じているはずです。

成長は欠乏感から生まれるものです。足りないと思うから満たすために頑張るもの。足りていると感じると人間は本来怠け者ですから何かしようとは思わない…お腹がいっぱいの時にご飯の話をされても食欲わかないですよね?

成長はすぐには実感できない、でも成長するために取り組み続けている限りは間違いなく成長している。焦らずに自分を信じて取り組み続けましょう。

広告を非表示にする