Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

企業がソーシャルメディアを利用しなくてはならない理由

あなたの会社はソーシャルメディアを使ってますか?

office.jpg

photo credit: Dustin Diaz via photopin cc

 自分が勤めている会社がソーシャルメディアを利用しているという方も多くなってきたのではないでしょうか。ソーシャルメディア全盛の時代において活用方法は様々ながらソーシャルメディアを利用する企業が増えてきています。

しかしながら経営的な見方が強い会社だと「ソーシャルメディアを利用することでどれほどの効果(ここでいう効果とは売上的なニュアンス)があり、またデメリットはなんだ?」ということばかりに目がむいてまだソーシャルメディアを活用できてないところもあるでしょう。

しかし、ソーシャルメディアは長期的な会社の運営において大切な役割を担い始めているのかもしれません。

 

「ソー活」という言葉

social2.jpg

photo credit: tychay via photopin cc

みなさんは「ソー活」という言葉をご存知でしょうか?大学生がソーシャルメディアを利用して就職活動することを「ソー活」といいます。先日Gabaマンツーマン英会話というところが大学生に行ったSNSの利用状況」というアンケートの結果がとても興味深いものでした。

 

まず「どんなSNSを利用しているか?」というとTwitterが1位、Mixiが2位、その後にLINEとFacebookが続いているという結果でした。

また学年ごとに見ても違いがあり、どの学年にも共通して強いのはTwitter、大学1年生にはLINEがもっとも強いSNSとなっていました。

ah_gaba1.jpg

次に「就職活動として利用しているSNSは?」という質問ではFacebookが1位、Twitterが2位という結果、そし「就職活動でSNSを利用した理由は?」という質問の1位は「企業の情報収集のため」「働いている人の実態を探ることができるため」という答えになったそうです。

ah_gaba2.jpg 

つまり、就職活動としてソーシャルメディアを利用している大学生は企業の情報だけでなく働いている社員の情報にも興味を持っている。またありきたりな会社案内ではなくソーシャルメディアのような「人間味」の部分にも興味をもって情報収集しているということです。

毎年の採用活動において大学生から自社へのエントリーを増やすためにはソーシャルメディアをうまく使い、自社の魅力を押し出していくことがこれからの良い人材採用には欠かせないアクションになってきていると考えられます。

 

ソーシャルメディアに本腰を!

sns.jpg

photo credit: Alex Mickla via photopin cc

 よく勘違いしている方がいらっしゃいます。「Twitterとかやったけどぜんぜん集客効果がないね~」といった言葉を周りでも聞いたことありませんか?

ソーシャルメディアは確かにそれだけでは売上が劇的に上がるようなものには成り得ません。しかし、これはソーシャルメディアを勘違いしていることだと思います。あくまでソーシャルメディアは「コミュニケーションツール」です。情報を発信してそれを受け取る側が共感して始めて動きが出るものです。

自分を知ってもらうためには適切な情報を頻度よく発信することが重要です。そのためのツールとしてソーシャルメディアをうまく活用していきましょう!

広告を非表示にする