Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

iPhone5に機種変更して「道具の持つ重要性」を体感した!

iPhone5にして1日が経ちました。

IMG_3276.JPG

22日(土)午前中にオンライン予約をしていたiPhone5が自宅に届き、昨日1日使ってみて「早い」「軽い」という実感でした。そして「道具の重要性」について気付きがありましたのでちょっとまとめてみましょう。

 

道具の持つ重要性とは?

tool.jpg

photo credit: macropoulos via photopin cc

iPhone4からiPhone5にして最初に思ったことは「軽い」ということです。数十グラムしか変わってないのですが、体感的にかなり軽い!薄さも薄くなり、手で持っていてもiPhone4はちょっとズッシリ感がありましたがiPhone5は手に収まるような印象です。

道具の持つ重要性の一つとして「携帯性」という部分があると思います。いつでも使いたい時に使えるようにするには「持っていて邪魔にならない」「持ち運んでいても苦にならない」といった要素が必要です。そのためには「軽く、薄い」というのは重要なファクターだと言えます。

 

次に「早い」という点です。まず早さの1つ目はアプリの起動速度やタッチした時の反応速度です。毎日結構な時間をiPhoneを使って過ごすとなると1つ1つの動作が機敏であるほうが時間のロスもないですし、ストレスもありません。

先日いつも使っているFacebookアプリを起動する時に、明らかにiPhone4の時とは違うスピードで起動しました。その他にもiライフログやカレンダー系のアプリもいつもならちょっと待ってから表示されていたものが本当に「あっという間」に開くようになったのです。

もう一つの「早さ」は「4G LTE」と言われる次世代高速通信です。いままでの3G回線よりも圧倒的に早い!FacebookGoogleで調べごとをするのにも通信がすべて。その通信速度が早いということはもう別次元の体験と言ってもいいでしょう。

まだまだエリアが狭く、僕の家はエリア圏外ですがこれからどんどんエリアが広がってくれることを期待しています。

 

道具の持つ重要性のもう1つは「快適である」ということです。思った通りに動いてくれる、すぐにレスポンスがあるといった快適さは日常で使用するときには非常に重要なファクターです。

 

だから新しいものを持つ!

tool2.jpg

photo credit: kevin dooley via photopin cc

道具は使うことが目的ではなく、道具を使って別のことをやりやすくするのが目的です。手では打ち込むことができない釘を金槌という道具を使えば簡単に打つことができます。この時、金槌を使うことが目的ではなく釘を打って木と木をつなぐことが目的ですよね?

最近は金槌で1本ずつ釘を打たなくても、エアーの力であっという間に釘を打つことができる機械があります。新しい道具を使えば、以前よりも時間効率もよく、消費するエネルギーも節約できます。

新しいものを使うことであなたの「何か」をよくすることができる…道具にはそういった重要性があるのです。

広告を非表示にする