Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

ついに発表!iPhone5 あなたはソフトバンク、auのどちらで買いますか?

ついに発表となりました。

 2012apple_matome.jpg

待ちに待ったiPhone5の発表です。深夜3時頃からTwitterでは「来た~!」というツイートで大騒ぎ。明け方5時ごろにもまだまだツイートがされていたので期待している人が多かったことがよくわかります。

その他にもiPod touchとnanoが発表になり、前評判ではMac miniの発表があるかもという話でしたがMac系は今回は発表なしでした。

日本でも9月21日(日本時間では22日?)に販売開始となります。そして今回もソフトバンクとauから…さてどちらで買うのがいいのでしょうか?

 

電波の問題

applepress9.jpg

iPhone4Sの時も話題になりました…auから販売すれば電波の入りがよいauがかなり優勢なのでは?と。しかし蓋をあけてみればソフトバンクの勢いは素晴らしく、結果としてはiPhone4Sの販売においてはソフトバンクが勝っている状態なのではないでしょうか。

 

今回のiPhone5でも電波のことを考える必要があります。

まずは次世代高速通信のLTEを両社ともサポートしているという点です。ドコモのXiに代表されるLTEをソフトバンクもauもこの秋から開始します。ここで差が出るのがiPhone5がどの周波数に対応するのかという点です。

auは早くからLTE導入に力を入れており、すでに高い人口カバー率を出しています。ただし3つある周波数のうちの1つは高いカバー率なのですが、他はまだまだという状況みたいです。つまり、一番カバー率が高い周波数にiPhone5が対応してくれていればauにとっては嬉しい結果となります。

ソフトバンクはSoftbank 4Gというタイプの違うLTEをすでにスタートさせています。それとは別のタイプのLTEを秋から開始する予定なのですがSoftbank 4GにiPhone5が対応していてくれればソフトバンクとしては嬉しい結果ですね。ただしまだまだ人口カバー率は低いので電波的にはソフトバンクはやはり不利ですね。

 

次に今までどおりの回線、3G回線を比べてみましょう。

前回のiPhone4Sの時に孫さんが「ソフトバンクの回線の方が2倍早い」ということを売りにしていました。

今回このメリットはなくなりそうです。iPhone5は日本メーカーが作ったauの機種には当然ある「WIN HIGH SPEED」にも対応するらしいです。

WIN HIGH SPEEDというのは簡単にいうと「速度を倍にする」というものです(簡単すぎる説明ですが突っ込まないでくださいね)。なのでiPhone4Sの時とは違い、3G回線でもソフトバンクと変わらない速度が出せるということになります。

 

あとはプラン次第か

applepress41.jpg

電波の問題は使う人の印象によるところも大きいです。「ソフトバンクでも困らないよ」とか「やっぱりauなら安心だね」と意見がわかれるところだと思います。

後はLTEなどの新しいデータ通信プランの価格や端末購入に対してのキャンペーンを両社がどのようにしてくるかという点でしょう。

どちらにしても両社とも今日中には発表があるでしょうから楽しみにしておきたいと思います。

あっ!僕はおそらくソフトバンクで買います。

 

※写真はGizmode Japanさんのサイトから流用させていただきました。

広告を非表示にする