読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Getting My Life Better

iPhoneやWEBサービスを使った仕事術、ライフハック、仕事への向き合い方などを中心に自分の雑感を含めていろいろ書きます!

知ってる?iPhoneには4つのメッセージサービスがあることを。

PC iPhone

ご存知でしたか?

small_5720367568.jpg

photo credit: the air we breathe. via photo pin cc

iPhoneユーザーの方はもちろんご存知でしょう。文字や画像を送るメッセージサービス、俗に言う「メール」という機能ですが、iPhoneには4つも最初から使えるようになっているのです。

「メールアドレスなんて1つでいいよ」と言う人も多いと思いますが、ちょっとそれぞれを説明してみましょう。

 

それぞれの特徴はこちら

iPhoneが最初から使える4つのメッセージサービスをそれぞれ説明していきましょう。

【SMS】

ショートメッセージと言われるもので電話番号でやり取りするメッセージサービスです。昔はおなじキャリア同士しかやり取りできませんでしたが、最近は他キャリアにも送ることができるようになりました。

【MMS】

ショートメッセージが他社に送れなかった時代はこれが他社に送るために使われてました。そしてそのまま一般化し、俗に「メール」というとこのMMSを指すようになってきました。アドレスが「@docomo.ne.jp」といったキャリア名を含んでいるものがそうです。

【Eメール】

主にPCでメッセージをやり取りするときに使われてきたものでYahooやGoogleが提供しているメールサービスなどはこれに当たります。ソフトバンクのiPhoneなら「i.softbank.jp」のアドレスがこれに当たります。携帯メールと違い、HTML形式のメールを送信したりできます。

ただし、これは元々PC用のメールサービスだったため携帯でPCからのメールをブロックする設定にしている人には届かないケースもあるので注意が必要です。

【iMessage】

Appleが提供するメッセージサービス。AppleIDと登録メールアドレスをひもづけてチャットのようにメッセージをやり取りするサービスです。基本的に無料で使用できるようですがふあんていなところがあるみたいで、この間もメッセージが送れないという事件があったみたいです。

 

iPhoneではこの4つが使えます。SMS、MMS、iMessageは「メッセージ」というアプリから、Eメールは「メール」というアプリからそれぞれ使うことができます。

 

ガラケーだって最低2つはある

iphone3.jpg

photo credit: ZhangYining via photo pin cc

この4つの内、いわゆるガラケーと言われる普通の携帯電話でもSMSとMMSの2つは使えます。普段使い分けはあまり意識せず、だいたいの人がMMSを利用していると思います。まあ、パケット定額が当たり前のご時世なのであまり気にすることはないでしょう。今後通信費が従量課金制などに変わってきたら特性の違いで使い方を考えていくことが必要になるでしょう。

簡単ではありますが自分の備忘録としてもまとめてみました。

広告を非表示にする